花鳥風月~chicoのさんぽ日記~

chicoさんちは鹿も飛び出す山の中。愛犬月さん&愛娘鳥ちゃん、この春から花ちゃんも加わったさんぽ日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
にほんブログ村 参加ちゅう~
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

はなじょろ道を歩こう(後半)

はなじょろ道後半、下りの模様です。


10時50分、頂上のヒネゴ乗越(のっこし)を出発。予定より登りが早かったので、昼休憩を取らずの出発です。



0617-32.jpg



ほどなく、はなじょろ道の第一展望陵に到着


0617-16.jpg
本来スッキリ晴れていれば、この辺りに富士山を見ることができます



0617-17.jpg
お腹を冷やし休憩する月さん



0617-18.jpg
(わぁ~♪)


下り・・・見下ろす景色もまた爽快です。

この辺りから月さんの行動が怪しくなってきました。何かの臭いを見つけたらしく、ソワソワしています。



0617-19.jpg
マツカゼソウの群生地

0617-33.jpg
葉っぱを嗅ぐと、ミカンの臭いがしました♪



・・・ふと気がつくと、月さんがいない!

「ルナ~!! 来ぉ~い!」

・・・いつもなら、この呼び声のあと暫くするとヒョコっと顔を出し戻ってくるのですが、今回はガサゴソという気配もなく、ちっとも戻ってきません。

K葉夫妻も心配して、あちこち見まわしましたが、その姿はなく、このような事を何度か経験している私自身も不安になったその時・・・

「ギャン!!キャイーン!」

遠くの方で、月さんの鳴き声。この鳴き方は、痛い思いや怖い思いをしたときに発する声!、
何かトラブルがあったんだと、あわてて声の方に向かい、大声で呼び続けました。

もしかして転げ落ちた・・・?


そんな心配をよそに、しば~らくしてから全然方向違いの所から顔を出した月さん。
小さな山とはいえ、犬を放す時には、ある程度の覚悟は必要だと実感しました。



0617-20.jpg
(やばい、やばい・・・)


よく見ると、周辺には、イノシシとみられるま新しい糞がありました。近くに巣でもあるのでしょうか。

よっぽど怖い思いをしたのか、私に叱られると思ったのか、暫くは尻尾が下がったままの月さんでした。





さてさて、山に入ると、アートな植物に出会います。


0617-15.jpg
ヒノキの巨木
あっちこっちにねじまがり、不思議な形をしています
木は歴史を語っているともいいますが、この木にいったいどんな物語があるのやら・・・


0617-22.jpg
カラスサンショウの木


11時50分、このカラスサンショウの木のところで、昼休憩。



0617-23.jpg
あいかわらず、おねだりし続ける月さんと困ってしまうK葉夫妻



0617-24.jpg
飼い主は、恥ずかしくて顔を向けられません(そう?)


0617-25.jpg
大蛇のような造形のカラスサンショウの木に乗る月さん


0617-26.jpg
(気分いい~♪)





今回のこのルート、下りの方が勾配が急で難所が続きます。
危険な箇所は、ロープが張ってあるのですが、それでも何度も足を滑らせてしまいました。


0617-34.jpg

0617-28.jpg


当時の花嫁は、こんな所を通ったのか・・・!

このような山道では、嫁いだ後も簡単には実家へ帰れなかったであろう花嫁の心情を推測すると、何か物悲しい気持ちになりました。




0617-29.jpg
終点近くの川原で水を楽しむ月さん


0617-30.jpg
13時、終点の八丁に到着
わざわざ車で迎えに来て下さった、「虫沢古道を守る会」F谷会長、K葉夫妻と



全長5キロ、およそ4時間の山歩き。下りの急勾配の辛さもあって、ゴールに着いた時には、太ももがパンパンでした。
しかしながら、自然を感じ、昔の生活を思いながらの久しぶりの山歩き。
すっかり忘れていた山肌の感触や、木々の息遣いは、私に山歩きの醍醐味を思い起こさせてくれました。

体の充実した疲れと共に心も満たされた貴重な半日でした。


(案内役のF谷会長さま、今回お誘い下さったK夫妻さま、本当にありがとうございました!
 また、この「はなじょろ道」を整備された「虫沢古道を守る会」の皆さま、本当にご苦労さまでした!)




0617-31.jpg
帰りの車内でウトウトする月さん


・・・楽しかったかい?



おしまい
スポンサーサイト




にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
にほんブログ村 参加ちゅう~
[ 2010/06/19 01:37 ] 山歩き | TB(0) | CM(4)
No title
4時間の山歩き、お疲れさまでした。
けっこうきついですよね、4時間。
ほとんど休憩してないみたいだし。
月さんも元気だけど、chicoさんもお元気(笑)
富士山、見たかったなー。
見たことないんですよ、飛行機からしか。
また挑戦して、見せてください。←鬼?

「ギャン!!キャイーン!」な月さんは
いったいどんな怖い目にあったんでしょうねえ。
イノシシにでも追いかけられたのかな・・・。
とにかく無事でよかったです。

高知でも最近あちらこちらで遍路道を修復しています。
弘法大師が実際に歩かれた険しい古道のほうです。
あたしも去年、高知から愛媛へと越える遍路道を歩きましたが
なかなかきつい行程でした。
花嫁さんもお坊さんも昔は大変だったんですねえ・・。
[ 2010/06/19 14:38 ] [ 編集 ]
コメントありがとうございますm(__)m
やんぴぃさん、いつもありがとうございます♪

普段さんぽしているせいか、おかげさまで筋肉痛もなかったですよ~(あ、でも明日とかに出たりして・・・^^;)
富士山、うちへいらして頂ければいつでも連れて行きますよ~
あちこちで普通に見れてしまうのが信じられなくて、越してきた当初は私も「あれは富士山じゃない!」って言ったりしてました(^^ゞ

月さん、ケガとかもなかったです♪
あとで同行のK葉氏より、わずかに熊らしき姿が写っていた写真があったとの報告が・・・ホンマカイナ(;O;)

そうそう、四国は遍路道ですよね~
私も鳥ちゃんが大きくなって巣立っていったら、ゆっくり歩きたいなと思っています(^^)v
そんな先だと月さんとは行けないだろうけど、その時もやっぱりワンコが一緒だといいなぁ。(あれ?おとうはどこに?(笑))
[ 2010/06/19 19:45 ] [ 編集 ]
す、っごーい!!
急勾配v-399
完全に野性の世界ですね!
月ちゃんイキイキで目がキラキラーi-189

月ちゃん帰ってきてよかったですね・・・本当に!
ギャン!って文字見るだけでイヤー!!ってなって
しまいましたi-201本当に無事でよかった。
[ 2010/06/21 21:55 ] [ 編集 ]
コメントありがとうございますm(__)m
うり子さん、いつもありがとうございます♪

野生に近づくといえば、犬も人も・・・(笑)
山に入ると自然に帰るというか、心がス~っと洗われる気がします。

一方で、危険な部分もあります。
小さな山でも、ケガ、事故は常に隣り合わせ。
ある程度覚悟しているつもりなんですがね~
帰ってこなくなることはありましたが、あんな声を聞いたのは初めて。
やはり心配になりました(^^ゞ
[ 2010/06/22 04:46 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。