花鳥風月~chicoのさんぽ日記~

chicoさんちは鹿も飛び出す山の中。愛犬月さん&愛娘鳥ちゃん、この春から花ちゃんも加わったさんぽ日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
にほんブログ村 参加ちゅう~
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

はなじょろ道を歩こう(前半)

6月17日。本日は、晴天なり。 梅雨の中休みを利用し、山歩きに行ってきました。



0617-2-2.jpg


歩いたのは、神奈川県西部丹沢山系にある古道「はなじょろ道」。
我が家から歩いて行ける距離に片側の登り口があります。

戦前まで生活道であったもののすっかり利用されなくなっていた古道を、平成21年より地元のグループが整備したもので、今年4月に開通式が行われたばかりです。

開通式の様子が町の広報に載ったことと、さんぽ中に立て看板をよく見ていたので、私もこの古道の存在は知っていました。
何より「はなじょろ(花女郎)」というネーミングが気になって、私の頭の中で歩いてみたいという思いが強まっていました。

今回、防犯パトロールでお世話になっているK葉夫妻よりお誘いを受け、約5年ぶりの念願の山歩きが実現することになりました。




0617-1-2.jpg
矢印の部分が「ヒネゴ沢乗越(のっこし)」。はなじょろ道の頂上になります。
「山登り」とは違い、昔の生活道を行く「山歩き」ですので、山に挟まれた一番低い部分(約5キロ)を歩きます。



0617-3.jpg
はなじょろ道入口の道標

0617-4.jpg
午前9時15分スタート。先頭を行くのは月さん



もともとは生活道であったこの道。「はなじょろ」の由来は、山を挟んで両側の地区より花嫁さんが嫁いできたときに通る道であったことからきているそうです。

今回は私も、家財道具を馬牛に乗せ、見たこともない結婚相手の元へ厳しい山越えをする当時の花嫁の気持ちになって、歩いてみようと思いました。




0617-5.jpg
猫が好むというマタタビの木
花のように見える白い部分は、葉の裏です
花がめだたないので、葉っぱを白く光らせて受粉へ導きます



0617-6-2.jpg
コースアウトして周辺偵察



久々の山に、月さんも生き生きとしています。
コースをはずれては呼び戻され・・・の繰り返し。山を自由に駈けまわる姿を見ると、来てよかったなとしみじみ思います。



0617-7-2.jpg
遅れて登る飼い主を愚弄する月さん(早くおいでよ~)


ちょっと待て~! 毎日さんぽで歩いているとはいえ、久々の山歩き。すでに全身汗だくです。
これが普通の生活道であったとは・・・。昔の人の健脚ぶりに恐れ入ります。




0617-8.jpg
10時休憩。奥さんにおやつをねだる月さん(・・・何か頂けませんか~)




0617-9.jpg
しばらくは、杉の植林が続きます
植林地とはいえ、みごとな自然の造形美に圧倒されます



0617-35.jpg
昔の炭焼き小屋の跡
道標は要所要所に・・・


道標を担ぎ、チェーンソーや鋸で道を整備された地元グループ「虫沢古道を守る会(平均年齢69歳!)」の皆さまのご努力により、私のような初心者でも歩ける道になっています。



0617-10.jpg
木々の感じが変わり、頂上はもうすぐ
登り一番の難所(・・・花嫁~っ)



0617-11.jpg
10時30分、頂上の乗越(のっこし)到着
はしゃぎすぎてオーバーペース気味の月さん(ハァハァハァ)


0617-12.jpg
(やったね!!)



0617-13.jpg
頂上で迎えてくれたヒメシャラの木。どこかホッとするたたずまい



0617-14.jpg
K葉夫妻と記念撮影


登り始めから1時間15分。月さんに促されてか、かなりハイペースだったと思います。
それでも、他愛もないおしゃべりをしたり、花や木の名前を教えて頂いたり・・・
独りで歩くのとはまた違う山歩きの楽しさを経験できました。

さて、下りも楽しむぞ~!!


後半へつづく~
スポンサーサイト




にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
にほんブログ村 参加ちゅう~
[ 2010/06/18 23:50 ] 山歩き | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。