花鳥風月~chicoのさんぽ日記~

chicoさんちは鹿も飛び出す山の中。愛犬月さん&愛娘鳥ちゃん、この春から花ちゃんも加わったさんぽ日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
にほんブログ村 参加ちゅう~
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

秋キャンプ at 富士さま ~エールよ届け!の最終日~

秋キャンプ、最終日の朝・・・



11-16-23.jpg
テントからチラ見の富士さま♪



11-16-3.jpg
まだ夢の中の娘☆



11-16-4.jpg



前々回のコメントでも書かせて頂いたのですが、初の秋キャンプは本当に良かった!の一言。

夏のように虫(蚊とか)に悩まされることもなく、汗だくで寝ることもなく、夜の防寒だけきちんとやれば十分楽しむ事ができると思います。(あ、場所と人のタイプにもよります(笑))


加えて、今回は紅葉も楽しめたし♪

またやりたいな♪ また来たいな♪♪♪





さて、3日目、今回家路に着く前に、どうしても立ち寄りたい場所がありました。


という訳で、最終になる ミッション3. 「盲導犬のことを学ぼう」



11-16-5.jpg
こちらエントランスの「どでか(盲導犬)クイールちゃん」



訪れましたのは、キャンプ場からほど近い場所にあります「盲導犬の里 富士ハーネス 日本盲導犬総合センター」でございます。


富士さまの麓にあると知っていたものの、なかなか日帰りする距離ではなかったので、泊りがけとなった今回、ようやくプランに組み込む事ができました。

と言うより、ここに行く目的でキャンプ地を決めたといっても過言ではありません。



11-16-20.jpg



「日本盲導犬総合センター」とは、盲導犬の出産から引退後までの一生をトータルにケアすることにより、安定的な盲導犬の育成頭数を確保することができる訓練センターのことを言います。 こちらは国内初の施設。



このセンターの主な機能としては、

・盲導犬候補犬の訓練施設
・視覚に障がいをお持ちの方が盲導犬との歩行訓練を行う「共同訓練」用宿泊施設
・盲導犬候補の子犬の出産・飼育設備
・引退した盲導犬がゆったりとくつろげる場所
・広く一般の方へ盲導犬に対する理解を深めていただくこと
・繁殖

があげられています。



11-16-7.jpg
もちろん館内は、愛犬同伴OK(一部施設を除く)。



11-16-8.jpg
こちら動物病院並みの医療施設。



11-16-9.jpg
廊下には、盲導犬のパネルがずらり☆



このほかにも、学習室やラウンジ、ショップなどを見る事ができました。



館内をぐるりと見学した後は、盲導犬デモンストレーションが行われるトレーニング棟へ。



11-16-11.jpg
職員のお兄さんとPR犬「インクちゃん」3歳♀



実演前にお兄さんから施設と盲導犬についての話があったのですが、その間は・・・



11-16-12.jpg
あっちとこっちで同じポーズ(笑)



11-16-25.jpg


実演では、障害物をよけたり、指示されたもの(ドアや椅子など)を探して教えたり、そこはPR犬らしくキッチリ仕事をこなすインクちゃんでした。

(時々見せる、面倒くさそうな仕草が逆に微笑ましくも思えましたが)



11-16-26.jpg
でも、最後のご褒美(ひっぱりっこ)の時が一番生き生きとしていたかな~☆



11-16-19.jpg
お疲れ様~☆



続いては、時間限定での公開施設へ。 ワンコNGエリアなので、月さんはお留守番です。



11-16-24.jpg
こちら引退犬のお部屋~



11-16-14.jpg
カウンターには亡くなったワンちゃんの写真が置かれていました。



11-16-15.jpg
お仕事頑張ったんだね。 ご苦労様です。ゆっくり過ごしてね☆



11-16-16.jpg
こちらは仔犬のお部屋 (残念ながら仔犬を見る事はできませんでした)



11-16-17.jpg
現役&訓練中の盲導犬の犬舎。 個別スペースは広く清潔でした☆



盲導犬を希望している方約7800人(平成10年日本財団による調査)に対して、日本全国で活躍している盲導犬は1070頭(平成22年3月末現在)。 まったく足りていないのが現状です。

とはいえ、盲導犬を繁殖し育てるまでの費用等も相当なもので、一般の方々や企業・団体からの寄付、競輪公益資金に支えられてこのセンターは運営されています。


一般の方が貢献しやすい手段として、寄付や募金の他、年間3000円からの賛助会員になる方法などもあります。



もし、この記事をご覧になった方で、盲導犬について関心を持たれた方がいらっしゃいましたら、協会のHP「日本盲導犬協会」をご覧頂けると詳しく分かるかと思います♪



11-16-21.jpg
盲導犬の慰霊碑にて



平均的な盲導犬の寿命は、13年。 一時、「盲導犬は早死にする」など間違った考えが広まった事もあるそうですが、常にユーザー(飼い主)の側にいてストレスが少ないこと、仕事を楽しめる素質を持った犬が盲導犬になっていること、仔犬の頃から健康管理には気をつけていることなどから、長生きする犬が多いようです。



11-16-27.jpg
施設の外、ドッグランのそばにある、盲導犬応援ベンチ
(富士ハーネスの建設にご支援された方や、盲導犬ユーザーの思いが込められたタイルがベンチに敷き詰められています。)



盲導犬の他にも、介助犬、警察犬、災害救助犬・・・など、たくさんの働くワンコがいます。

もちろん一般に飼われている家庭犬も、家族の一員として家族のココロを癒したりする大事な仕事を持っています。



11-16-22.jpg



今回学んだたくさんのことを忘れずに、犬の飼い主のひとりとして、これからも働くワンコ達を応援していきたいと思いながら施設を後にしました。



「がんばれ!! 働くワンコ達!!」 (と、その飼い主達☆)


これにて、2010年秋キャンプ、終了で~す!!! (^o^)  (↓↓↓下も見てね☆)









お礼とご案内



2泊3日(正確には2泊2日)の今回の秋キャンプ、我が家の全く個人的な内容にお付き合いくださいましてありがとうございましたm(__)m

そんな奇特な皆様への感謝の意を込めまして、ご訪問頂いている皆様を対象に、次回プレゼントクイズを実施したいと思いますので是非ご参加頂けたらと思います☆


クイズの問題は、もちろん今回の秋キャンプについての内容となります。
記事をスルーした方も、そうでない方も、しっかりおさらいしておいて下さいね~☆


ではでは! 次回をお楽しみに~! \(^o^)/



スポンサーサイト




にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
にほんブログ村 参加ちゅう~
[ 2010/11/17 13:24 ] おでかけ | TB(0) | CM(6)
No title
そうですか、オススメですか秋キャンプ。
人のタイプにもよりますって逃げ道残してるとこが
ちょっとずるいぞ(笑)
でも来年はうちも春くらいから始めてみて
秋キャンプにも挑戦してみようと思います。
いつか合同キャンプもできるといいね♪
もちろんchicoさんお一人でも受け入れオッケーですよ。

盲導犬の施設はテレビでは観たことありますけど
実際に見学できるようになってるんですね。
盲導犬の育成はもちろん大切なことだと思うけど
引退後のワンコたちのケアも十分なものにしてあげてほしい。
ホームページ見てきます。

クイズにはもちろん参加させていただきますので
問題は易しめでお願いしま~す。

[ 2010/11/17 15:03 ] [ 編集 ]
No title
よくTVで観る盲導犬の施設ってここだったんですね。
私もワンコもOKで見学できることにびっくりです。
近かったら絶対ニパンと行ってみたいところです。
こうしてみると、きちんと管理された綺麗な建物で、
いろんな方の尽力で成り立っているんだなーと思います。
実際に活躍している盲導犬と遭遇したことはないですが
(引退した子には会ったことがありますが)
もっと認知されて、人もワンコもみんなが
住みよい社会になっていってほしいな、と思います。
今からホームページみてきます!

春は花粉がやばそうなので(笑)
秋ってキャンプに良い季節かもしれません♪(私には)
クイズに向けて復習します!!!
[ 2010/11/18 11:09 ] [ 編集 ]
No title
うわ~、ここかな?よくテレビで観てたのは。
すごくしっかりした設備で安心して盲導犬教育ができますね。
「盲導犬クイール」の本を読んでから盲導犬の生き方に心魅かれて、募金箱を見つけては微力ながら募金させていただいております。
以前、散歩のときに出会った盲導犬を連れてらした方ももう10年が経ち、そろそろお別れするんですと言っておられたのを思い出します。
一度は訪れてみたいところですね(*^_^*)

おおっ!クイズですか!!
復習しなくては!!
[ 2010/11/18 12:16 ] [ 編集 ]
やんぴぃさん、コメントありがとうございますm(__)m
やんぴぃさん、こんにちワン♪

あ、そうです☆秋キャンプススメておいて、やんぴぃさんの顔が浮かんだので逃げ道追加しました(笑)
ウチみたいなおままごとキャンプでもいいのかな?いつか是非ご一緒に~(^^♪

ウチはテレビで見れないので、つい行ってみようという気になってしまうのですが・・・
常時見学可なのはここだけみたいですね☆
どうも働くワンコに対しては、テレビの影響か、「人の道具」だったり妙に擬人化されて過大評価されたり・・・
自分の中にも変な思い込みやゆがんだ考えが先行している気がしていたのですが・・・
行ってみて正解でした。ワンコはワンコでした☆
クウスケくんや月さんと何ら変わりはなかったですぞ♪
引退犬の施設も、明るくて広くて常にケアする人もいて、いい環境じゃないかと思いました。
ここにいるワンコ達は、「人の道具」じゃなく、パートナーとして愛されてきたワンコ達のような気がしましたよ。
[ 2010/11/18 13:29 ] [ 編集 ]
響さん、コメントありがとうございますm(__)m
響さん、こんにちワン♪

テレビではどのような紹介のされ方をしているのか知らないのですが・・・
やはり機会あれば自分の目で見て確かめるのがいいと思います。
その土地の空気や雰囲気を自分の体で感じ取るのが大事だと思います。
実際ここへ来なければいつまでも遠い世界のことだったかもしれません。
ここは、富士さまも見えて明るく清潔でいい環境でしたよ。スタッフの方の感じも良かったです。
確かに、この状態を維持するには相当な尽力が必要なのだと思います。
お互い何かの形で貢献できたらいいですね☆

おぉ!春キャンプは花粉か~!!
すっかり忘れていました☆やっぱ秋がベストです!(笑)
[ 2010/11/18 13:38 ] [ 編集 ]
お地蔵さん♪さん、コメントありがとうございますm(__)m
お地蔵さん♪さん、こんにちワン♪

やはり皆さん、テレビでご存知なのですね・・・^^;
今更ながらの記事なのかもしれませんが、私にとっては大事な体験でした。
お地蔵さん♪のコメントにも書きましたが、以前障害者施設の訪問をしていた事があります。
人間ではできない細かな心のケアをワンコができることを知って、感動しました。
訓練されたから身に着いた事じゃなく、それは持って生まれた素質なんですよね。
そんな宝を持ったワンコを訓練することによって、それを必要とする人の側で過ごす事ができるようにしているのだなぁと思いました。
また同時に人間側の教育もされていて、それによってできる両者の関係は、人と道具ではなく、互いに必要不可欠なパートナーという気がしましたよ。

本当に何かの形で貢献できたらと思います。
[ 2010/11/18 13:47 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。