花鳥風月~chicoのさんぽ日記~

chicoさんちは鹿も飛び出す山の中。愛犬月さん&愛娘鳥ちゃん、この春から花ちゃんも加わったさんぽ日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
にほんブログ村 参加ちゅう~
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

鳥ちゃんの川

昨日、台風9号は午後3時ごろに静岡県付近で熱帯低気圧に変わりました。

前後は我が家のある関東地方でも、大雨が降り、災害警報が発令されていました。



0909-1.jpg



よく、「台風が去る」なんて言い方をしますが、「変わった」だけなんですよね。

土砂崩れなどの二次災害の恐ろしさを思うと、天気図からあの渦巻き模様がなくなったからといって、安易にホッとできないものだと思います。



0909-3.jpg
今朝の川の様子



今朝は早くから、土砂を運ぶトラックや崩れた道を埋める工事車をたくさん見かけました。

自然の猛威に文句を言う人はいません。



0909-4.jpg






さて、話は前後しますが・・・


昨日は、鳥ちゃんのお迎え時の午後2~3時が雨のピークで、園バスから自家用車に移るだけでびしょ濡れになるほどのすさまじさでした。


タオルで頭や体を拭き、やれやれと車を発進させようとしたその時、鳥ちゃんが小さな声で、「かわ(川)、どうしちゃったの・・・?」とつぶやきました。

聴き返そうと顔を見ると、途端に目からポロポロと涙が・・・!



0909-11.jpg
いつもの川~



私は、あまりの水量と轟音に鳥ちゃんが怖くなったのだと思い、「大丈夫だよ。もうおうちに帰るからね。」と声をかけたのですが、鳥ちゃんの涙は止まりません。


「ちがうの。 どろがすごくて、おみずがきたなくなっちゃったの。どうしよう。」

「おみずは、きれいじゃなきゃだめだよね、ぜったい!」



0909-10.jpg
月さんがチャプチャプする川~



・・・。 びっくりしました。


鳥ちゃんは、台風が怖かった訳ではなく、大雨による濁流で川がすっかり様変わりしてしまったことに不安を感じ、悲しくなっていたのです。

いつも遊んでいた綺麗な川がなくなってしまったのではないかと心配になってしまったのです。



0909-9.jpg
鳥ちゃんがボーイフレンドと遊ぶ川~



災害などで山や川が一時的に汚くなっても、またそのうちに再生するという考えがすっかり定着しきっていた私に、この言葉は響きました。


と同時に、鳥ちゃんがこの川をどれだけ大事に思っているかに気付かされました。

普段の遊びの中で、水の美しさや流れの優しさを五感を通し体で感じ、この川とともだちのように仲良くなっていたのだと感じました。


当たり前に美しかった川が変貌を遂げ、それはまるで仲の良いともだちが急に変わってしまったような悲しさだったのかもしれません。






「ごみを捨てないようにしましょう」


鳥ちゃんは川沿いをさんぽする時に、このような立て看板を見つけては声を出して読んでいます。
漢字で書かれていたり、ちゃんと読めないものもあるのですが、絵などの雰囲気できちんと理解しています。

なぜごみを捨ててはいけないのかを言葉で教える前に、普段から川へ入り遊ぶ事で、美しい川を守る気持ちが生まれます。

そういう気持ちを持っている鳥ちゃんにとって、このような看板は不思議なものかもしれません。



0909-5.jpg



人為的なもので起こった破壊の再生には、自然の中で起こったそれに比べてとても時間がかかります。


今回のような自然災害ならまだしも、鳥ちゃんの大好きなこの川が、心ない人の心ない行いなどで汚されることのないよう、一緒に大事に見守っていきたいなと思いました。



0909-6.jpg



鳥ちゃんの川、早く元の綺麗な川になるといいね・・・。





0909-2.jpg


・・・ その笑顔のためにも!! (^o^)




スポンサーサイト




にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
にほんブログ村 参加ちゅう~
[ 2010/09/09 21:41 ] 日々のあれこれ | TB(0) | CM(6)
う~む・・・新鮮。

祖父母の田舎の地方の人達は(「ゴミは肥やし」の時代の名残か)
ビニールゴミなども山川にポイポイ捨てるのですが、
きっと鳥ちゃんのように、もう一歩自然と「仲良くなる」ことが
とても大切なことなのでしょうね^^
[ 2010/09/10 09:48 ] [ 編集 ]
嗚呼、この記事読んで自分がどれだけ汚れているか実感しました。

こんな風に感じられる心を持ってる鳥ちゃんが愛おしくて胸がキュンとなりました(〒∀〒)
自然とともに生活するってきっとこういうことなんだろうなあ・・・。
ただ口先だけで「自然を守ろう」と言っててもダメなんですよね。
心で肌でじかに触れることで自然の息吹を感じるんですね。
小さな小さな鳥ちゃんから何かとっても大切なものを教わったような気がします。ありがとう (*´∀`*)

いつもウ○コとかエ○とか言ってる自分が恥ずかしいです(;∀;)
[ 2010/09/10 12:41 ] [ 編集 ]
子供の思考ってすごいですね。
まだこんなに小さいのに、ちゃ~んと大切な事分かってるんですもんね。
大人になっても今の気持ち忘れないでいてほしいな。
普段の川の姿と180度違いすぎて、ビックリして思わず涙も溢れますね。
ちょっと考えさせられる新鮮な記事でした。


月さんがチャプチャプする川も~♪、
鳥ちゃんがボーイフレンドと遊ぶ川も~♪、
やっぱり綺麗でなくちゃダメですね!!
新鮮な発見をさせられた母上も、お水に入るかも知れませんし( ̄w ̄)

…にしても最後の鳥ちゃんの笑顔、いい笑顔です!!
それに何よりこのマシュマロみたいな肌が羨ましい( ̄(仝) ̄)
[ 2010/09/10 12:50 ] [ 編集 ]
ハム助さん、コメントありがとうございますm(__)m
ハム助さん、こんにちワン♪

先々代、更に彼らを育てた人達は、自然へのビニールゴミの影響など知る由もなかったでしょうからね。
森林伐採もそうですが、ツケは子孫に周ります。
しかしそこは私達の使命と思って、今度はそれをどう子供たちに伝えていくかだと思います。
ゴミの分別を教える事も大事ですが、その前にたくさん自然に触れて、自然とともだちになってほしいと思います。
[ 2010/09/10 13:06 ] [ 編集 ]
お地蔵さん♪さん、コメントありがとうございますm(__)m
お地蔵さん♪さん、こんにちワン♪

今回、伝えたい事がまとまらずに苦戦してたんです。
私のつたない記事を理解して頂き嬉しいです(T_T)

自然の中で子育てを!と漠然と思ったものの、自分は街の子で教えてやれる事なんて何一つなかったんです。
でも、この場所に来ただけでよかったんだと思えました。
目に映る緑や吹く風や川の流れや生き物の気配・・・
それらを生まれた時から体じゅうで感じている鳥ちゃんが羨ましいくらいです。

あら、お地蔵さん♪は、生き物としての自然な部分をただ赤裸々に綴られているだけだと思います。大事なことだと思いますよ。
スパムに引っかからない程度ならば(笑)
[ 2010/09/10 13:25 ] [ 編集 ]
ドルミさん、コメントありがとうございますm(__)m
ドルミさん、こんにちワン♪

鳥ちゃんぐらいだと、まだ頭で考える前に体が反応するんですよね。素直なその涙は真実を語ります。
普段私に怒られたくらいじゃ泣かない子なんですけどね(-_-;)
大人になってこの地を離れていってこの頃のことを忘れてしまっても、ここで体感した自然との触れ合いが土台として彼女の中に残ってくれてたらなと思います。

・・・えっ?は、母も水に・・・? そ、そういう方向になりますよ・・・ね・・・(沈)
チャプチャプならなんとか~^^;

ぷにぷにのお肌、分けてほしいですよね!
母も自然の中で少しは肌環境も良くなるかと思いましたが・・・
日に焼けてシミが増えただけでした(爆)
[ 2010/09/10 13:37 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。