花鳥風月~chicoのさんぽ日記~

chicoさんちは鹿も飛び出す山の中。愛犬月さん&愛娘鳥ちゃん、この春から花ちゃんも加わったさんぽ日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
にほんブログ村 参加ちゅう~
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ミッション

金曜の鳥ちゃんの連絡帳に、担任の先生からこう書いてありました。



「お家の周りやお出かけ先で自然物がありましたら、採って持ってきて頂くようお願いいたします。」


・・・自然物・・・?


あぁ、どんぐりとかのことね! この前の遠足、晴れたら公園で自然物採取のはずが雨で流れたから、足りないのかな? もうすぐリース作るって言ってたもんね~♪


・・・どんぐりは探さなくても、ウチの裏の林に掃くほどあるよなぁ~。 でも、どんぐりだけじゃ面白みに欠けるよねぇ?



よし!今日はいいお天気だし、ちょっと山に木の実探しに行ってみようかねぇ・・・?



1023-1.jpg
いざ、しゅっぱ~つ!!



・・・という訳で、車で5分の水源林の散策へ・・・。

歩かないこと必須の鳥ちゃんを、「幼稚園からのお願いだから」と言い聞かせて、自然観察コースを進みます。


 
1023-2.jpg
早速ゲット~♪



杉だらけの林ですからね、杉の実はたくさん落ちています♪



1023-3.jpg



行程○時間とか○キロとか、数字で言ってもわからない鳥ちゃんぐらいの年の内は、はじめての場所だとどれくらいの距離かが分からずに不安になるようです。


今日歩いた自然観察Bコースは、夏休みに「水源林の集い」に参加した時に、鳥ちゃんと一緒に歩いたコース。

普段なら不安がって歩かない鳥ちゃんも、以前歩いたことのある道であるのを思い出すと、安心したのか足を前に運んでくれました。



1023-5.jpg
月さんははじめて~



今日は興奮の度合いが強いので、リードは放せません。 帰ってこなさそう・・・ ^^;



1023-4.jpg



朝から秋晴れの今日は、それでもちょっと肌寒いくらいのお天気でしたが、山歩きにはピッタリの陽気。

木々の間を差し込む光がキラキラ眩しく、ちょっと幻想的な雰囲気でさえありました。



1023-11.jpg
木の橋もなんなく渡る、たのもしい鳥ちゃん



このBコースは、所要時間約50分。 それほどキツイ高低差はありませんが、今回、文句も言わずに黙々と先頭を歩く鳥ちゃんの姿に驚かせられました。



1023-6.jpg



月さんにとっても久しぶりの山歩き。 目は見開き、耳はピコピコとアンテナのように忙しく動き、周囲に気を配るその様子は、野生の姿を彷彿させます。



1023-12.jpg



結局この日は、ゆっくり歩いて約1時間の山歩きとなりました。



1023-7.jpg
おみやげ~



1023-8.jpg
おみやげ~



・・・おみやげ~・・・はいいのですが、ここで採れたのは杉の実ばかり。 どんぐりすら落ちていませんでした。

よく考えると、植林地だもんなぁ~。 ・・・失敗・・・ (-_-;)



1023-9.jpg



仕方ないので、帰ってから、家の周りに落ちているどんぐりをかき集めることに・・・。

う~む・・・、今年はまだそんなに落ちていないんだよなぁ~・・・。


この前行った公園の方がまだ落ちていたかな? 欲しい時には手に入らないもんだなぁ~・・・ (-_-;)



先生!! ミッション達成にはまだ時間がかかりそうです~ (>_<)









おまけの画像



夕方は、買い物ついでに、川土手の松を見に行ったのですが・・・



1023-おまけ
まつぼっくり~



まだまだ青いわっ!! (-_-;)(-_-;)(-_-;)






にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
にほんブログ村 参加ちゅう~
スポンサーサイト
[ 2010/10/23 23:59 ] 山歩き | TB(0) | CM(8)

水源林を歩こう

こちらは先週の土曜日の話になります。


今月初め、以前山歩きをご一緒したK葉氏より、「水源林の集いがあるんですけど、行きませんか?」とのお誘いがありました。

場所は、地元の水源林。 実は、地元の山にもかかわらず、これまで一度も入ったことのない場所でした。
入口までは行ったことがあったのですが、「車両通行止め」の重々しいゲートがあり、歩いては入れるもののなんだか気おくれして引き返していました。


・・・で、今回は、その場所での年に一度のイベント。もちろんゲートは解放され、県内各所からたくさんの人が集まって、森林トレッキングや広場での催しに参加します。



0822-1-2.jpg
最近流行りの「山ガール」



今回は、鳥ちゃんと私の2人だけの参加。 月さんも同行できないかと、お手数にもK葉氏が県に問い合わせて下さったのですが、小さい子も参加するイベントの為、ペットは禁止とのことでした。
・・・う~ん、残念だけど仕方ない (-_-;)



朝9時30分の受付をすませたら、まずは、森林トレッキングスタート。



0822-2.jpg



各コース10名程度に分かれ、それぞれ森林インストラクターが付き、案内してくれます。



0822-3.jpg
ヒルよけ対策の塩水を振りかけて・・・



0822-8-2.jpg
私たちは、一番距離の短い「自然観察コース」を行く事に・・・



この水源林は、全体が森林でおおわれ、スギやヒノキの人工林が47%、広葉樹からなる天然林が53%を占めています。
各コースを歩くことで、森林づくりの整備の様子を見ることができます。



0822-22.jpg
あちこちに企業の名前の入った看板を発見



県では、水源の森林づくりに森林活動と財政面の両面からの支援を求めて、企業・団体を対象に「水源林パートナー制度」を設けています。



0822-4.jpg



ゆっくり歩きながら木々や草花を観察します。 要所要所でインストラクターの先生が丁寧に説明してくれるので、とても分かりやすいです。



0822-5.jpg
たくさん見つけたなぞなぞ形式の看板 (この~木なんの木♪)



0822-6.jpg



登りは鳥ちゃんには少しきつかったようでしたが、何とか頑張りました。



0822-7.jpg
樹齢400年の木の根っこ (鳥ちゃんの100倍だ~)



0822-9.jpg
すっかりお気に入りのパタパタ看板



0822-21.jpg
木に触れたり、葉っぱの臭いを嗅いだり・・・



鳥ちゃんにとっては、これが山歩きデビューとなりました。
森林との触れ合いを、鳥ちゃんはどう受け止めたのでしょうか?




約50分の山歩きのあとは、広場へ戻っての森林交流会。



0822-10.jpg
パネル展示があったり・・・



0822-11.jpg
風流な野点



0822-12.jpg
鳥ちゃんも、お抹茶をいただきま~す♪



0822-13.jpg
昔なつかし、コマや木のおもちゃコーナー



0822-14.jpg
人気のクラフトコーナー
(用意されたドングリや木の枝のパーツを組み合わせていきます)



もちろん挑戦!



0822-15.jpg

0822-16.jpg
真剣です・・・



0822-17.jpg
お昼は持参でしたが、鹿シチューのサービスもありました。
(意外に臭みもなく、柔らかくておいしい♪)



0822-18.jpg



草笛やまつりばやしの森のコンサートがあったり、盛りだくさんの内容で賑わった森林交流会でした。



0822-19.jpg
こちら実験コーナー

上から雨に見立てた水を流します。
左の森林は水が地下に浸透し、きれいな水が流れてきますが、右は木々がない為、表面の土が崩れて汚い水が流れます。



0822-20.jpg
丸太切り体験コーナー



歩く事で、水源の森林づくりの様子を見たり、森林のはたらきを学んだり、木の実や枝や丸太で遊んだり・・・。

森林に触れる事で、心身ともに浄化される気がした貴重な水源林での一日でした。



・・・あ、月さんとは、近いうちに必ず訪れたいと思いま~す! (^o^)



にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
にほんブログ村 参加ちゅう~
[ 2010/08/23 00:02 ] 山歩き | TB(0) | CM(8)

はなじょろ道を歩こう(後半)

はなじょろ道後半、下りの模様です。


10時50分、頂上のヒネゴ乗越(のっこし)を出発。予定より登りが早かったので、昼休憩を取らずの出発です。



0617-32.jpg



ほどなく、はなじょろ道の第一展望陵に到着


0617-16.jpg
本来スッキリ晴れていれば、この辺りに富士山を見ることができます



0617-17.jpg
お腹を冷やし休憩する月さん



0617-18.jpg
(わぁ~♪)


下り・・・見下ろす景色もまた爽快です。

この辺りから月さんの行動が怪しくなってきました。何かの臭いを見つけたらしく、ソワソワしています。



0617-19.jpg
マツカゼソウの群生地

0617-33.jpg
葉っぱを嗅ぐと、ミカンの臭いがしました♪



・・・ふと気がつくと、月さんがいない!

「ルナ~!! 来ぉ~い!」

・・・いつもなら、この呼び声のあと暫くするとヒョコっと顔を出し戻ってくるのですが、今回はガサゴソという気配もなく、ちっとも戻ってきません。

K葉夫妻も心配して、あちこち見まわしましたが、その姿はなく、このような事を何度か経験している私自身も不安になったその時・・・

「ギャン!!キャイーン!」

遠くの方で、月さんの鳴き声。この鳴き方は、痛い思いや怖い思いをしたときに発する声!、
何かトラブルがあったんだと、あわてて声の方に向かい、大声で呼び続けました。

もしかして転げ落ちた・・・?


そんな心配をよそに、しば~らくしてから全然方向違いの所から顔を出した月さん。
小さな山とはいえ、犬を放す時には、ある程度の覚悟は必要だと実感しました。



0617-20.jpg
(やばい、やばい・・・)


よく見ると、周辺には、イノシシとみられるま新しい糞がありました。近くに巣でもあるのでしょうか。

よっぽど怖い思いをしたのか、私に叱られると思ったのか、暫くは尻尾が下がったままの月さんでした。





さてさて、山に入ると、アートな植物に出会います。


0617-15.jpg
ヒノキの巨木
あっちこっちにねじまがり、不思議な形をしています
木は歴史を語っているともいいますが、この木にいったいどんな物語があるのやら・・・


0617-22.jpg
カラスサンショウの木


11時50分、このカラスサンショウの木のところで、昼休憩。



0617-23.jpg
あいかわらず、おねだりし続ける月さんと困ってしまうK葉夫妻



0617-24.jpg
飼い主は、恥ずかしくて顔を向けられません(そう?)


0617-25.jpg
大蛇のような造形のカラスサンショウの木に乗る月さん


0617-26.jpg
(気分いい~♪)





今回のこのルート、下りの方が勾配が急で難所が続きます。
危険な箇所は、ロープが張ってあるのですが、それでも何度も足を滑らせてしまいました。


0617-34.jpg

0617-28.jpg


当時の花嫁は、こんな所を通ったのか・・・!

このような山道では、嫁いだ後も簡単には実家へ帰れなかったであろう花嫁の心情を推測すると、何か物悲しい気持ちになりました。




0617-29.jpg
終点近くの川原で水を楽しむ月さん


0617-30.jpg
13時、終点の八丁に到着
わざわざ車で迎えに来て下さった、「虫沢古道を守る会」F谷会長、K葉夫妻と



全長5キロ、およそ4時間の山歩き。下りの急勾配の辛さもあって、ゴールに着いた時には、太ももがパンパンでした。
しかしながら、自然を感じ、昔の生活を思いながらの久しぶりの山歩き。
すっかり忘れていた山肌の感触や、木々の息遣いは、私に山歩きの醍醐味を思い起こさせてくれました。

体の充実した疲れと共に心も満たされた貴重な半日でした。


(案内役のF谷会長さま、今回お誘い下さったK夫妻さま、本当にありがとうございました!
 また、この「はなじょろ道」を整備された「虫沢古道を守る会」の皆さま、本当にご苦労さまでした!)




0617-31.jpg
帰りの車内でウトウトする月さん


・・・楽しかったかい?



おしまい



にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
にほんブログ村 参加ちゅう~
[ 2010/06/19 01:37 ] 山歩き | TB(0) | CM(4)

はなじょろ道を歩こう(前半)

6月17日。本日は、晴天なり。 梅雨の中休みを利用し、山歩きに行ってきました。



0617-2-2.jpg


歩いたのは、神奈川県西部丹沢山系にある古道「はなじょろ道」。
我が家から歩いて行ける距離に片側の登り口があります。

戦前まで生活道であったもののすっかり利用されなくなっていた古道を、平成21年より地元のグループが整備したもので、今年4月に開通式が行われたばかりです。

開通式の様子が町の広報に載ったことと、さんぽ中に立て看板をよく見ていたので、私もこの古道の存在は知っていました。
何より「はなじょろ(花女郎)」というネーミングが気になって、私の頭の中で歩いてみたいという思いが強まっていました。

今回、防犯パトロールでお世話になっているK葉夫妻よりお誘いを受け、約5年ぶりの念願の山歩きが実現することになりました。




0617-1-2.jpg
矢印の部分が「ヒネゴ沢乗越(のっこし)」。はなじょろ道の頂上になります。
「山登り」とは違い、昔の生活道を行く「山歩き」ですので、山に挟まれた一番低い部分(約5キロ)を歩きます。



0617-3.jpg
はなじょろ道入口の道標

0617-4.jpg
午前9時15分スタート。先頭を行くのは月さん



もともとは生活道であったこの道。「はなじょろ」の由来は、山を挟んで両側の地区より花嫁さんが嫁いできたときに通る道であったことからきているそうです。

今回は私も、家財道具を馬牛に乗せ、見たこともない結婚相手の元へ厳しい山越えをする当時の花嫁の気持ちになって、歩いてみようと思いました。




0617-5.jpg
猫が好むというマタタビの木
花のように見える白い部分は、葉の裏です
花がめだたないので、葉っぱを白く光らせて受粉へ導きます



0617-6-2.jpg
コースアウトして周辺偵察



久々の山に、月さんも生き生きとしています。
コースをはずれては呼び戻され・・・の繰り返し。山を自由に駈けまわる姿を見ると、来てよかったなとしみじみ思います。



0617-7-2.jpg
遅れて登る飼い主を愚弄する月さん(早くおいでよ~)


ちょっと待て~! 毎日さんぽで歩いているとはいえ、久々の山歩き。すでに全身汗だくです。
これが普通の生活道であったとは・・・。昔の人の健脚ぶりに恐れ入ります。




0617-8.jpg
10時休憩。奥さんにおやつをねだる月さん(・・・何か頂けませんか~)




0617-9.jpg
しばらくは、杉の植林が続きます
植林地とはいえ、みごとな自然の造形美に圧倒されます



0617-35.jpg
昔の炭焼き小屋の跡
道標は要所要所に・・・


道標を担ぎ、チェーンソーや鋸で道を整備された地元グループ「虫沢古道を守る会(平均年齢69歳!)」の皆さまのご努力により、私のような初心者でも歩ける道になっています。



0617-10.jpg
木々の感じが変わり、頂上はもうすぐ
登り一番の難所(・・・花嫁~っ)



0617-11.jpg
10時30分、頂上の乗越(のっこし)到着
はしゃぎすぎてオーバーペース気味の月さん(ハァハァハァ)


0617-12.jpg
(やったね!!)



0617-13.jpg
頂上で迎えてくれたヒメシャラの木。どこかホッとするたたずまい



0617-14.jpg
K葉夫妻と記念撮影


登り始めから1時間15分。月さんに促されてか、かなりハイペースだったと思います。
それでも、他愛もないおしゃべりをしたり、花や木の名前を教えて頂いたり・・・
独りで歩くのとはまた違う山歩きの楽しさを経験できました。

さて、下りも楽しむぞ~!!


後半へつづく~



にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
にほんブログ村 参加ちゅう~
[ 2010/06/18 23:50 ] 山歩き | TB(0) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。